メール占いは相談がしにくいから電話占いがオススメ


何か問題が起こった時に、誰かに相談して解決策を考えていこうという人ばかりではありません。自分でどうにかしなければという思いから、誰にも相談せずに抱え込んでしまう人もいるのです。

もちろん一人で問題を解決出来ればいいのですが、簡単に解決出来るのであればそもそも悩む事も無いでしょう。解決が難しいからこそ、ずっと悩んでしまう事になるのです。正解のある問題ばかりではありませんから、いくら悩んでも答えが出ない場合もあるのです。

そういった時に誰か近くの知り合いに相談できればいいのですが、内容によってはそれが難しい事もあります。そんな状態のままでいるよりは、プロの鑑定師に相談してみるのもいいかもしれません。

よく知った相手だと相談しにくい問題だとしても、鑑定師とはそれほど親しい関係ではないので色々な事が相談しやすいのです。店舗に出掛けるのが嫌な場合には、電話で利用出来る占い鑑定もあるのです。少しの時間でも鑑定師に相談することで、気持ちが随分楽になることもあるのです。

ただ、やはり電話での鑑定だとしても直接相談するので、言い難いことを誤魔化してしまうこともあるでしょう。そうなると悩みの解決に関しても、しっかりとした解決にならない事もあるのです。

やはりきちんと内容を伝えて相談することが大切ですから、電話よりもメール占いの方が楽に相談できるかもしれません。メールのように文字にした方が、会話しながら相談するよりも緊張せずにすむ人も多いと思います。メール占いを利用することで、電話占いなどよりもしっかりとしたアドバイスを貰う事が出来るのです。

おすすめの電話占いサイト

ルーン文字を使う古くからある占いがルーン占いですが、ルーン文字は呪術や儀式に用いられていたものです。もちろん日常的に使われたこともあるようですが、今では占いなどのイメージが強いかもしれません。

ルーン占いの方法としては、文字の刻まれた石や金属片などを用いることになります。それらを見えないように袋の中に入れておき、そこから取り出して出た文字を見て占うのです。他にもルーンを投げてから、一つ拾って占うキャスティングと呼ばれる方法もあります。どちらの場合でも出た文字によって意味を読み解いていくことになるのです。

ただ、最近はもっと手軽に出来るように、文字の書かれたルーンカードを利用する事もあります。カードの場合も出た文字で占うので、大きな違いはありません。

あくまでもルーン文字は文字であり、数字を表しているものではありません。ですから占いに利用する場合には、時期など数字を結果に望むものは向いていないのです。

ルーン占いはとても古い占いですが、古くからある占いには易もあります。これは筮竹と呼ばれる棒を使ったりしますが、易占いには「周易」や「断易」のようにいくつかの方法があるのです。

易は中国で生まれたものですから、日本ではルーン占いよりも馴染みがある人も多いかもしれません。人気の電話占いサイトはこちらこれも古くからある占いですが、筮竹の他にもサイコロやコインなどの道具を使う占いになります。

占いとしては色々なものに対応する事が出来るものであり、今でも利用する人はたくさんいるようです。特に吉凶を見るのが得意ですから、これから何かを始めたいときに利用する人も多いようです。


Popular tags